薬でも治らないうつ病

薬の副作用でも悩まされた私・・・

うつ病や精神疾患で苦しんでいるご家族やご友人やお仲間は、その周りにいる

うつ病の人が飲む薬

うつ病になったら、薬物療法が主流になります。それでは、うつ病で処方される薬にはどんなものがあるのでしょうか?うつ病で使用される薬を数種類を挙げてみたいと思います。

 

パキシル(パロキセチン)
セロトニンを再取り込みするセロトニントランスポーターの働きを阻害することで、脳内シナプス隙間のセロトニンの濃度を上げるものです。そうすることで、うつ状態が改善すると言われています。選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)と言われます。

 

ルボックス、デプロメール(フルボキサミン)
選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)パキシルと同じような作用があります。比較的安全性の高い、副作用の少ない薬です。

 

トレドミン(ミルナシプラン)
セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤です。SNRIとも言います。意欲の低下に対して処方されることが多いです。

 

アモキサン(アモキサピン)
第二世代の三環系の抗うつ薬です。効果が早いです。うつ病だけでなく、パニック障害などの症状にも適用されます。

 

ドグマチール(スルピリド)
脳の活動に働きかけて、気分を良くする作用があります。女性の場合は副作用としてホルモン異常が起きる可能性があります。

 

デパケン(バルブロ酸ナトリウム)
主にてんかん薬として使用されているものですが、躁うつ病などへの効果もあります。脳内のセロトニンの代謝を促進させる薬です。

うつ病の薬の副作用

うつ病の薬を飲んでみようか・・・でも、副作用が・・・と心配な方もいることでしょう。それでは、一般的に言われている副作用とはどういったものでしょうか?新しい薬は従来の薬に比べると、副作用が随分軽減されていますが、これも個人差があるでしょう。

 

一般的に三環系抗うつ薬(第一世代)の副作用としては、口の渇き、めまい、たちくらみ、頭痛、眠気、倦怠感、ふらつき感、排尿障害などがあげられます。第二世代の三環系抗うつ薬や四環系抗うつ薬は、それよりも副作用が軽減されているようです。

 

パキシルやルボックスに代表される第3世代SSRIになると、さらに副作用は少なくなりますが、嘔吐感や胃もたれ感、胸焼けなどの副作用が起こる人もいるでしょう。第4世代のSNRI(トレドミンなど)でも人によっては、不眠や吐き気などの副作用が起きることもあります。

 

うつ病の薬の服用は、依存や離脱症状なども心配になると思います。特に、パキシルなどの薬はいきなり服用を中止するのは危険です。めまいやふらつき、吐き気や嘔吐、不眠などの症状が出てしまうこともあります。同じSSRIの中でもジェイゾロフト(塩酸セルトラリン)は、副作用も軽く、離脱症状も軽い傾向になるようです。

 

しかし、比較的副作用が少ないと言われている薬であっても、必ずしも副作用がでないとは限りません。副作用の程度には個人差がありますから、医師と相談して自分に合った薬を使用するのがいいでしょう。

心療内科とは?

最近よく耳にいたします心療内科ですが、あなたはこの心療内科という病院がどのような病気を診察してくれる病院であるのか、しっかりと把握していらっしゃいますか?

 

なんらかの病気と思われる症状になったとき、このようなことを把握していないと、どこの病院で診てもらったら良いのか判断がつきませんよね。本日、この文章に辿り着いたのも何かの縁と思って、この際、しっかりと覚えておいてください。

 

心療内科というのは、ストレスなどによって心と身体にさまざまな症状が出る心身症について診察してくれる病院なのです。なぜ、そういった心療内科のような病院について近頃よく耳にするようになったのかと申しますと、まぎれもなく現代社会がストレスの多い社会だからでしょう。

 

大勢のかたがたがストレス過多によってなんらかの症状を呈するようになるのですね。よく「病は気から」などと言いますが、心療内科で扱う病気の場合には疑いもなく全くその通りなのであって、心に受けたさまざまなダメージから病気が発症するのです。

 

風邪などのようにウイルスが原因となるような病気とは違いますから、治療も短期間で治るもの、非常に長い時間がかかるもの・・・とさまざまです。また、よく心療内科と精神科・神経科の病院を同じように考えているかたもいらっしゃいます。

 

たしかに、どれもウイルスなどが原因の病気ではなさそうなので、非常に似たイメージを持ってしまいます。ですが、これらは一応、別のものと考えてください。